金融業者に職場が知られている時の借金の踏み倒し方を教えて

現在借金で首が回りません。返済の見込みもないので踏み倒すしかありません。家は引越せば何とかなりますが心配なのは金融業者に職場が知られているので、職場に電話が有ったり取り立てに来られたりするのではないかということです。そこで質問なのですが、金融業者に職場を知られていても何とか逃げおおせるようにするにはどうしたらよいのでしょうか。それともそういうことはそもそもむずかしいのでしょうか。

踏み倒すのであれば夜逃げをするしか方法は無いでしょう

借りたものは返すのが原則です。金利とかが違法と言うような場合はその必要は有りませんが、あなたの場合にはそういう事でもなさそうですし、踏み倒すのではなく、返済方法について金融業者と話し合った方が良いと思われます。場合によっては自己破産ということも考えられますのでどうしても返済方法が詰められないのであれば弁護士に相談してみることも必要です。いずれにしても話し合ったほうが踏み倒して逃げるよりもずっと楽な方法です。

その点をよく理解してもらったうえで、踏み倒すことを考えてみましょう。まず金融業者側から考えてみましょう。金融業者はお金を貸してその返済と同時に支払ってもらう利息が利益になります。したがって利息はおろか元金まで返済されないと言うことになると大赤字と言うことになる訳です。ですから返済が滞れば各金融業者は回収担当と言う部署が動き出し、契約の際に書かれた情報に従って連絡を取ってきます。もし引越してしまって自宅が分からない場合には当然職場にも連絡が入ります。

金融機関の方でも利益を確定させるために必死になりますので、職場が知られていたらあなたのご希望のような踏み倒し方はまず難しいと考えた方が良いでしょう。踏み倒す場合昔風にいえば夜逃げをする必要が有ります。夜逃げをすると言うことは、過去の自分と完全に離れた状態にならなければなりません。したがって職場も移らなければ無理な訳です。突然出勤しなくなると言うのも問題が有りますから、信用できる上司に相談することは必要ですが、あくまで極秘裏に行わなければ夜逃げは成功しません。

仮に夜逃げが成功したとしても、以後の生活で、それまでの生活とかかわりを持ってしまうと金融業者にばれてしまう可能性も有りますから生活上の制約を受ける事も有りますし、時効を狙うにしても、金融機関の方でも数々の事例から、必ず阻止するように動きますので、そう簡単に時効は成立しません。下手をすると一生逃げ続けなければならなくなることも有るのです。こう考えると踏み倒すことはあまり良い選択ではないと言うことがお分かりいただけるでしょう。

あなたは安易に踏み倒すと言うようなことを考えているようですが、それは社会生活を送る上であまりにも無責任です。こういう場合映画やドラマでは金融機関のほうが悪く描かれがちですが、現在の正規業者はあくまで法律に則って業務を行っていますので、ほとんどの場合には借りる側に問題が有ります。ですから安易に踏み倒すことなど考えないで、最後まで責任のある態度で金融業者側と向き合った方が良いと思います。

借金の踏み倒しはダメ!職場に迷惑がかかることもあるんです!

借金をしたときに、どうしても返済できなくなってしまうという事はあってはいけません。ですが、収入が急になくなってしまう事もあり得ない話ではありませんし、出費がどんどん増えてしまって返済に回せるだけの余裕がなくなってしまう事もあるかもしれませんよね。そんなとき、どうしても無理だからといって返済から逃げ回ることは得策ではありません。踏み倒しを行おうと思っても、実際簡単な事ではありませんし当然いろいろな人に迷惑をかけてしまう事も出てきます。職場に迷惑がかかることもあるんですよ。

借金の踏み倒しを行おうと思えば、とりあえず逃げることを考えるでしょう。引っ越して住所を変更し、電話番号・携帯番号も変更するでしょう。職場も変えなければつかまってしまいますが、借金先はどうにかして契約者を探そうとしますから、残っている情報をフル活用するのは当然です。職場に連絡を取って、今どこに勤めているか、どこに引っ越したのかを訪ねることもするでしょう。借金のことを知らないにしても、知っていたとしても、職場としてはそんな連絡や訪問がたびたびあれば迷惑ですよね。借金先が複数あれば、その複数の借金先に対応しなければいけませんし。

借金をしない、と決めたところで、本当に必要になったら借金に頼らざるを得ない状況になってしまっても仕方ありません。借金が悪い事ではなく、きちんと返済できない借金をして色々な人に迷惑をかけてしまうのがダメなのです。返済できる金額だけ借りる事、返済計画をしっかり立てておく事を心掛けて、上手に借金を利用するようにしたいですね。万が一返済できなくなって吹見た王氏を考えてしまったら、まずは専門家に相談をして借金の返済金額を減らすことが出来ないか相談するようにして下さい。債務整理にはいくつか方法があって、家を手放さなくて済むこともあります。借金先にとっても自分にとってもベストな選択が見つかるはずですから、まずは相談する、これを心掛けるようにしたいですね。

私はこんな理由で借りました!

転居費用にとても役立ちました

学生時代に住んでいたアパートが家具・家電付きだったので、就職のための引越しで退去費用に新居での家電購入と結構なお金がかかってしまいました。学生時代はこんなこともあろうかと倹約に努めていたんですが、それでも貯金では足りずに、家電購入費用の一部を借り入れすることにしたんです。

どうせ借りるなら今後のもしもに備えてカードローンがいいかと思い、パソコンから申し込みをしました。カミカミで緊張しぃの僕にはとても助かる申込み方法でした(笑)。

申し込んだのはまだ4年近く勤めたバイトを辞める前だったので、すんなり可決。タイミングも良かったみたいで助かりました。

チャンスを逃さず買い物できる

アクセサリーを買うのが趣味なので、新作が出るといつもチェックしています。でも、お金に余裕がある時に自分好みのものが売り出されるとは限らないんですよね。そういうものには限定販売なんかもあるので、欲しいと思った時を逃すと後悔することも。

そんな時、私はキャッシングをするんです。商品を先に買って後でお金を払っても、ちゃんと返すのなら同じことですからね。利息もそんなにつかないので、使ってみたらとても便利なんです。

しかも、申し込んでからお金を借りることができるまでがとても早いので、チャンスを逃さずに好きなものを買うことができるんですよ!

すぐに借入出来て助かりました

現場仕事が多いせいか、どうしても肩こりに悩む毎日で、たまにマッサージに行っても一向に良くならず…。家に一台、マッサージチェアが欲しいんですけど、値段が高いですしね…。

でも、これがあるだけでかなり身体も変わってくると思うんで、どうしても欲しいんです。なんとかならないものかと思っていた矢先、ネットから申し込むだけで審査~融資まで行ってくれる消費者金融があることを知ったので不安もあったんですが利用することにしたんです。

すると審査があっという間に終わってびっくりしたんですが、なんとその日の内に借入金が口座に振り込まれたんです!嬉しかったですね!早速マッサージチェアを購入したんですよ!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2016 借金踏み倒しゆるせない職場で学べる消費者金融の知恵 All Rights Reserved.