三菱東京UFJ銀行とモビットの関係は?

キャッシングベスト3

三菱東京UFJ銀行とモビットの関係を教えてください

三菱東京UFJ銀行と消費者金融のモビットは何か関係があるのですか?あったとしたら、どんな関係があるのですか?このごろ銀行も消費者金融も、入り混じってるかんじで訳がわかりません。

モビットは三菱東京UFJ銀行傘下からSMBCの傘下に変わったよ

銀行と消費者金融は2000年前後から提携や分割、傘下入りや吸収等々を繰り返して現在やっと落ち着いてきましたね。それはそれはめまぐるしく変化して進化した金融業界だと思います。簡単にいえば、三菱東京UFJ銀行の傘下に入っていた消費者金融のモビットは、最終的には2014年に分割や譲渡の末、三井住友銀行グループの傘下になった消費者金融ということです。私たち消費者は、いつも間に三菱東京UFJから三井住友か変わったの?という感じですよね。

一応、2013年のモビットのテレビCMでは、『2013年1月28日から三井住友銀行グループに変わります』という字幕は出ていました。さらにモビットのWEBサイトでは、『三菱東京UFJ銀行系』と書かれてあった場所に『三井住友銀行グループ』と変わっていました。生活圏の変化としては、2012年11月以降、三菱東京UFJ銀行の各店舗に併設されていた無人契約機は、三菱東京UFJ銀行系との電光看板が『モビットカードローン』に変更されたというものがありました。

別に秘密裏に行われたわけではありませんが、あまりにも激しく変化する金融業界に消費者がついていけていないというのが大きいでしょう。現在でもモビットは三菱東京UFJだと思っている方も多いと思いますよ。現在のモビットが出来上がるまでには、2000年の三和銀行が中心となった共同出資などから始まり、融資系列だったプロミスやアプラス等がからみ約13年間紆余曲折をだとってきました。

カードローンのモビットが認知され始めてからのサービス内容はそれほど変化は無いように思われます。それでも消費者に強烈な印象を与えたのは業界初の”WEB完結”でしたね。モビットの存在が他の消費者金融でのネット上での申し込みや契約完結の可能性を広げたと言っても過言ではないですよね。このサービスは2010年後半から始まりますが、当初はすでにモビットとの提携解消が決まっていた三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持ってる人が条件でした。

その後、2013年1月からは、モビットの本来のバックボーンである三井住友銀行の本人名義の普通預金口座を所持している者も追加されています。この次はどうなるかは素人にはわかりませんが、今のところモビットはこのような状態です。金融業界の情報について行こうと思ったら、他の情報が頭に入ってこないくらいの量になるような気がします。餅は餅屋ですから、知りたいときに知れれば良いですよね。モビットはモビットに変わりはないですから。

多くの人に支持されている三菱東京UFJのモビットとは

最近、三菱東京UFJのモビットが注目を集めています。これは簡単に言えばカードローンなのですが、多くの人はカードローンは金利が高かったり手間がかかったりするイメージがあると言います。

しかし、三菱東京UFJのモビットは多くの人に支持されている特徴が4つあります。まずは1つ目は、ネットで24時間申し込みが可能なことです。他のカードローンでしたら店舗に行ったり電話で問い合わせをしたり審査に時間がかかったりしますが、これは審査がたったの10秒程度で結果が表示されます。また2つ目は、限度額が500万円もあるところです。多くのカードローン会社では300万円程度の上限しか設けないところがほとんどですが、こちらはUFJのカードローンなので信頼性が高く、上限額も高く設定されているのです。3つ目は、実質年率が4.8パーセント~18.0パーセントなのです。例えば、10万円を30日のご利用で利息は1500円未満と非常にお得に済ますことができます。こちらも他の会社にはない最大の特徴と言えます。4つ目の特徴とは銀行やコンビニなどで提携されいるATMが全国に約100000台もあることです。

なかなかローンを返したり借りたりするときに、ATMがないと不便だと多くの人はおっしゃいます。しかし、UFJの店舗が近くになくてもコンビニで簡単に操作できるとなればとても便利です。また、好きな時に好きなだけ繰り返してご利用でき、このモビットの入会費や年会費は一切かからないので高いお金を要求されるという心配は不要です。また、口座の残高が不足してしまいお支払ができない場合は、パソコンやお電話から振り込みキャッシングを行うことができます。今までの会員数は、トータルで26万人と非常に多くの方が利用されています。カードローンをどの会社で申し込みしようか悩んでいる方には、このUFJのカードローンがとても便利で信頼性があるので非常におすすめです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 借金踏み倒しゆるせない職場で学べる消費者金融の知恵 All Rights Reserved.