法人のカードローン、総量規制の計算無理

キャッシングベスト3

法人のカードローンは総量規制の計算はできにくくないですか?

総量規制は国民全員に当てはまるんですよね?法人の総量規制って計算しにくくないですか?どうなってるんですか?

総量規制は、個人にだけ課せられたもので法人には無関係です

【参照元サイト様 →カードローン即日ナビ.com】

『総量規制とは、個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組み』でーす。だから法人には関係ないんですよね。貸付の種類には”個人向け貸付”と”個人向け保証””法人向け貸付””法人向け保証”の4つがあって、総量規制は#”個人向け貸付”だけが対象になりまーす。こんなに総量規制のが話題になるとぜーんぶがその規制にならわなきゃなんないみたいに思っちゃうよね。ちなみに個人事業主が借りる場合も対象外なんだって。

そしたら個人事業主が借金してて、個人事業主としてはもう借入ができなくなって困ったら、個人として借入すればできるのか?ってことだよね。きっとできるね。だけど年収の3分の1までだから…。あんまり事業の助けにはならないかもね。そしてここでクイズでーす!個人が年収の3分の1まで借入をします。限度額まで来たかどうかはいったい誰が調べるのでしょーか?!自己責任で計算するんじゃないんですよ~!

なんと、消費者金融が各信用情報機関に問い合わせることが義務付けられてるんです。これを怠って年収の3分の1を超える貸付をしてしまった時は、貸付け業者に行政処分が下るんですよ~。やっぱりちょっとくらいはいっか!というのは通用しないんですね。トホホ。そのチェックも細かく決められていて、リボルビング契約をした場合は、1ヶ月の貸付の合計額が5万円を超えて、かつ、貸付残高が10万円を超える場合は、毎月指定信用情報機関からの情報を得て、残高を調べなければならない。となってるの。

そして、貸付残高が10万円を超えた場合は、3カ月に一度残高を調べなければならないとかね。それに、貸金業者が自分の所から貸付けてる残高が50万円を超える貸付をするとき、またはほかの貸金業者を含めた貸付総額が100万円を超える時は、その個人の収入を明らかにする書類を提出しなきゃになるんですよ。そうやってこまごまと貸金業者も個人にいくら貸しつけてるかを確認することになってるんですね~。1個決めごとをすると、それをやりきるためにいろんなところの調整が必要なんですね。

各業者で異なる法人向けのカードローンの融資条件とは

法人向けのカードローンの融資条件は、銀行系や消費者金融系などの業者形態により大きく異なります。法人向けの融資では、審査の際に様々な個人情報を申告する事に加え、個人向けの融資とは異なる数多くの条件を満たす必要があります。これらの基準を満たすことができれば、法人向けの融資を受ける事ができるようになるのです。

具体的には、銀行系の法人向けローンの場合は、安定した職業に就いているという条件は融資の際に有利になります。これに対し、消費者金融系の融資の場合は、より審査対象を広域なものとしているので、フリーターの方や自営業主の方でも融資を受ける事ができるようになっているのです。消費者金融系のカードローンでも安定した収入のある職業という条件は有利になりますが、借入れの限度額を低く設定したり、あえて金利を高めに設定したサービスを選択することで、これらのサービスがより利用しやすくなるのです。

又、法人向けのカードローンとしては、銀行系のローンでは年齢が重視される事があり、一定の年齢基準を満たした方が審査が通りやすくなる傾向があります。これは銀行系のローンでは、収入や不動産などの資産を考慮している事が多いためで、返済が滞った時に高齢の方の方が、資金の回収がより容易になるからです。又、消費者金融系の法人向けのローンの場合は、年齢による条件はありません。消費者金融系のローンは若年層にもサービスを提供しており、若い方でも利用しやすいサービスとなっているのです。

そして、銀行系のローンは多重債務という条件が重視され、他の業者からの借り入れがある場合には、融資の基準が厳しくなります。しかし、消費者金融系の融資は、他社からの借入れ状況については緩和されており、信用情報機関の情報で三社程度の借入れがある状態ならば、融資は可能になっているのです。その為、これらの融資条件の違いを把握して、適切なサービスを利用する事が重要になります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 借金踏み倒しゆるせない職場で学べる消費者金融の知恵 All Rights Reserved.